お薦め

フラップレステクニック

フラップレステクニックとは、
インプラント治療法の一種で、
メスを使わずに縫ったりもしない手術法になります。

まずはじめに、一般的なインプラントの手術の方法というのは、
歯肉を切開して骨を見えるようにしてから、ドリルで穴を開けてインプラントを入れていきます。

ドリルで、穴を開けるときくと、やはり術後の痛みなどいくつかの不安があり、
なかなか決断できない人もいるのではないかと思いますが、
成功率も高く実際に受けている方も沢山いらっしゃいます。

その不安を軽減してくれるのが、フラップレステクニックです。
フラップレステクニックは、メスを使わず、歯肉の上から小さな穴を開けて、
インプラントを入れていきます。

縫い合わせる必要がないので、手術時間も短時間で済み、
腫れや痛みが少なくて済むというメリットがあります。
また出血の量も少なく、身体に対する負担はとても減ります。

痛みも人それぞれになりますが、痛みが少なくて済むにこしたことはありませんよね。
痛みが少ないことや術後が1本につき約10分という短時間であることから
、仕事などといった日常にすぐに戻れるために、
はやく仕事復帰をしたいという方や、
身体のダメージが負担となる高齢者の方々を中心として人気となっています。

こんな負担の少ない手術法があるならば、
誰しもがフラップレステクニックを選択できるかといえばそうではありません。

このフラップレステクニックは、誰にでも受けれるというものではなく、
歯肉の上の骨量がしっかりあるかなど、医師の厳しい診断を受けたのち、
フラップレステクニックの適合者であると判断された場合のみ行なえる手術になります。

また、上にも書いたように、歯肉の上からの手術で骨が見えないところで行なう手術ということで、
手術を行なう医師の技術が最も問われるところであり、熟練が必要となります。
よって、医師との信頼関係も大切となってきますので、しっかり医師と相談するようにしましょう。