お薦め

インプラントの保証期間

半永久的に使用できるといわれているインプラントですが、
もしも使用途中に何かあった場合の保証に関してきちんと理解していますか。

費用が高額であるからこそ、術後何かあった時に、どういった場合に保証がきくのか、
また保証期間はどれくらいなのかをしっかり理解した上で、合意の元に手術を受けるようにしましょう。

もちろん患者さんとの相性であったり、
日常でのお手入れの仕方によって変わってきますので、
40年以上ももつ方もいらっしゃれば、1年で機能しなくなる場合もあります。
保証期間は、病院によりさまざまになりますので、しっかりとした下調べが大切になってくるかと思います。

患者さんのお手入れ方法などによる悪化でなく、医師の技術が不足していたなどによる失敗の場合は、
だいたい1年以内に症状が、現れることが多いということから、
最低でも1年以上の保証期間のある医院が安心であるといえます。

一般的には、10年を目安に保証期間が設定されてることが多いようですが、
経った年数によって保証のできる金額が変わってきたりする場合もありますので、
一概に保証期間が長い医院が良いというわけでもなく
、無料か有料か、どのような条件の場合にのみ適用となるかなどが大切となってきますので、
ポイントとして覚えておきましょう。

また、保証期間の保証はあくまでもその医院で術後に決められた定期健診などをしっかりし、
きちんとメンテナンスを受けてることが前提となりますので、注意しましょう。

また、保証書として発行してくれる医院と、会話での約束だけの医院もあります。
もちろん、医師が患者さんとして見た以上は、しっかりと術後のケアを行なってくれるものだとは思いますが、
もしもの場合にも安心して医院にいけるよう、保証書を発行してくれる医院の方が安心できますよね。

保証期間も10年などといった長い期間になりますので、もしも医院が閉鎖してしまったり、
医師の引退などといったこともありますので、インプラント自体のメーカー保証もポイントとなってきますので確認しましょう。