お薦め

人工骨、自分の骨か、動物の骨か

インプラントとは、虫歯などによりなくなってしまった歯を補うために、
新しい人工の歯をいれることをいいます。

入れ歯と同じように活用されていて、
入れ歯よりも自然の歯に近い形で復元できることから、注目を浴びてきています。

入れ歯との大きな違いは手術をするということと、高額な費用がかかるということです。
手術は、抜いた歯の歯茎に人工の歯根を埋め込むため、ドリルで穴を開ける手術を行います。
話をきくだけだと大手術なような気もしますが、手術は実質数分で、日帰りできます。

麻酔をかけて行いますので、術中の痛みも少ないです。
自然の歯を失ってしまっても、自然に近い形で歯が再現でき、
感覚もあまり変わらないということでうれしい技術ですよね。

しかし、多額な費用もかかるということでやりたくてもできないという人も少なくありません。
また、顎や歯茎などの状態によっては手術を受けられない人もいるので、
手術ができるかどうかは、主治医の細かい診断を受けて許可を得た人のみとなっています。
充分に話を聞き、しっかりと理解した上で手術に望むようにしましょう。
受けたいと思っても適合してなければ手術も受けることができませんので、
インプラント治療が気になっている方はまずは歯科医にいってみるとよいでしょう。

インプラントに用いられる人工の歯はいったい何で作られているのでしょうか。
これは歯科医により異なるようですが、人工骨の利用が多く一般的となっているようです。
自分の骨を利用することもできるのですが、骨を取るということで新たな傷が増えるとともに、
痛みなども増えるので体への負担となるでしょう。
人工骨でも、異物を口の中にいきなり入れるわけですから、少々のリスクはあります。
しかし、成功率も高くインプラントの中では一番安定しているといえます。

古い時代には、動物の骨などを利用してインプラントの歯の代わりなどを作っていた、
という歴史も残っているようですが、現代では動物の骨は利用されていません。
ほほえむ
女 性