お薦め

歯科恐怖症の方のインプラント

歯科医恐怖症とは、ただ怖さや痛さが嫌いで歯医者にいくことがいやだ。
というより、一度以前に歯医者でなんらかの恐怖を味わったことによって、
歯医者ときいただけでも不安が襲ってきたり、
歯医者の予約をしてからずっと歯医者のことを考えては吐き気を催したり、
恐怖心から呼吸が乱れたりと、精神科に通院したりするほどの症状がでたりします。

歯医者にいきたくない。
というよりはいかなくてはいけないプレッシャーの方が大きくなってしまうことによって、
精神的に混乱がおこってしまい症状として現れてしまうようです。

歯科医恐怖症になった事例としては、
以前に麻酔がきかずに治療が行なわれてしまったことによる、
痛みと恐怖心が忘れられなくなってしまったり、
虫歯になった時になかなか治療にいかなかったことにより症状が悪化したことで、
治療に伴う痛みが強くなってしまった場合など、
理由はさまざまですがいずれも痛いという恐怖心がついたことによるものが多くあります。

麻酔がきかなかったということは別にしても、全てにおいてはやめの治療をおすすめします。
進行が進むにつれ、治療は痛みを伴いますので、違和感を感じた時点でみてもらうようにしましょう。
また歯科医院の特有な香りであったり、音により恐怖心が現れる場合もあります。
歯を削るキーンという音が苦手という方は多くいますよね。

歯科医恐怖症を克服するには、やはり まず医師との信頼感が大切となってきます。
初めていった歯科医ですぐに打ち解けられる人はなかなかいないかと思います。
少ない回数で治療を終わらせることばかりに気をとられずに、
まずは医院自体に慣れることからはじめることからはじめましょう。
不安なことがあればしっかりと相談してみましょう。

インプラントも、安全で良い治療法であることがわかっていても、
医院にいくことができなければ何の意味もありません。
無理していこうとしても返って症状がでてしまうので、あせらずにゆっくりはじめていきましょう。