お薦め

審美インプラントとは

審美インプラントとは、インプラントの審美性をより強化したものになります。

まずインプラントとは、虫歯や歯ぐきの異常であったり、
事故などにより歯の損失などさまざまな理由によって、
歯がなくなってしまった場合に人工で作った歯を埋めこむ治療法で、
失ってしまった歯の歯茎部分に外科手術により人工歯根を埋め込んで、
新しい人工の歯を取り付けます。

手術ときくと、大事のようで心配になる方もいらっしゃいますが、
手術は数時間で終わり、日帰りでできます。
麻酔をして、手術をするので、手術中の痛みはありません。

手術後の痛みもそれぞれで一概にいうことはできませんが、
よくいわれているのが、親知らずを抜く時の痛さくらいといわれています。

誰しもができる手術ではなく、
骨格や歯の状態などによって、歯科医の診断を受けた上でできる治療になります。

費用も医院によっても異なってきますが、
高額なものとなってきますのでまずはしっかりと下調べしてみることをオススメします。

このように、インプラントは歯としての機能性を重視していますが、
審美インプラントはそれにプラスして歯並びの矯正と、金属の使用をしないことで、
より自然の歯に近づかせることを実現しました。

歯を失った場合、歯に近い状態にするには、今は入れ歯かインプラントかとなっています。
入れ歯に比べるとインプラントは高額になることと、
手術をするということで一般的には入れ歯、差し歯の方が多いようですが、
手術の成功率が高いことや、より自然の歯に近づくことができるため人気がでてきています。

実際にも、入れ歯が合わなかった人がインプラントに変えたところ、
自然の歯が生えたかのように違和感がなくなった、などという例もあり、注目を浴びてきています。

いつまでも、自分の歯を綺麗に保ちたいのはもちろんですが、
一度虫歯になってしまった歯はもうよくなるということはありませんので、
審美インプランは、活用してみることも考えてみるのもよいでしょう。
ほほえむ
女 性